葬儀

家族葬で見送ろう~ファミリーで温かく見送る~

遺品の片付け方法

男性と女性

私達は、家族や親族が亡くなると悲しみの中で慌ただしく葬儀を行い故人を見送ります。故人の住居が賃貸だった場合は直ぐに明け渡すことになります。明け渡しの時には故人が使っていた品物を要るものと要らないものに分ける必要があります。この作業を遺品整理といいます。遺品としては通帳等の故人の財産となるものから衣類や電化製品などがあります。また、美術品や装飾品が残されることもあります。遺品を形見分けといって故人との思い出に親しい人で分けて持ち帰ることもあります。しかし、箸や茶わんのような小物や布団、ゴミなどといった要らないものと判断されたものは処分する必要が出てきます。遺品整理は片づけだけでなく処分する必要があるのです。

亡くなった方が大阪で、親族が遠方に住んでいるとか忙しくて遺品整理まで出来ないという時は遺品整理を行っている業者に依頼しましょう。大阪で遺品整理を行っているのは、遺品整理の業者、又は葬儀関係や不用品回収を行っている便利屋などがあります。遺品には、美術品や装飾品などや仏壇なども含まれていることがあります。このような個人では処分の仕方が良く分からない遺品については、遺品整理の知識を持った業者に任せることをお勧めします。大阪の業者は、依頼人の確認を取りながら遺品整理を行い処分や清掃まで行っています。特に亡くなった方が1人暮らしで発見が遅れたという時には、個人では対応できないこともあります。遺品を整理したり処分したりすることは知識や労力が必要ですから、困った時は大阪の業者に相談してみましょう。